CueSpec
Home ChoroQ Blog Profile Contact
RX-7 改造スピード・エンジン
コース・バトル用で初の改造ゼンマイを装着したチョロQは、毎度お得意のRX-7
適度な軽量化を行ったボディと改造ゼンマイとの相性が良く、刺激的な走りです
総 重 量 デ ー タ
以前の総重量は13.96g
そこから0.2gの重量増はかなりのものですが、コース・バトルの場合は軽さが仇となる事もあり、今回もその典型でした
重量増加の主原因はアルミ・ローラー
ミニ四駆用パーツで頼もしい助っ人です
利用を避けているホイール
カスタマブルやハイスピード・チョロQで使われていた事のあるホイール・ディスクと車軸が分離するカートリッジ式のホイール。走行中のアライメント変化が激しく、車軸にブレが無くてもホイールが全角度に動きまくるので不安定な走りになり、速度も落ちます
最新の重量データ
アクセスランキング
Super SpeedQ
RX-7 / RZ * Speed Engine Kai
  

1 Lap Battele 専用マシーンに生まれ変わったRX-7:RZ
試行錯誤のローラー・セッティングを経て納得の走りを実現しました

前後のホイールが違っているのは、回転ブレの無いホイールを厳選した為
より速く走らせる上で筆頭にクリアするべき課題はホイール・ブレの無さ
次に来るのが駆動輪はより重い物を選ぶ、これが自分の中での結論です
駆動輪に重いホイールを選ぶ、この結論は走り比べた結果による見解で
実車に倣えば軽いホイールを選ぶべきですが、絶対荷重が不足してるのか
グリップが高いタイヤの選択肢=バリエーションが無い事もあるのでしょう
前輪のリバース・リム・タイプのホイールは知る限り最も軽いホイール
前輪が軽いと発進時の加速が鋭くなり、その点では歓迎できるのですが
カーブで浮き上がり易く失速が早い、走行距離が減退するデメリットも
前輪ホイールの選択、特に重量面は挙動に合わせた選択としています
何れにしても回転ブレの無さが筆頭に来る事に変わりはありません
ロングMAD最速のRX-7に後塵を浴びせたスピードMADTE27-Levin
1 Lap Batteleの雌雄を決する対決はYouTubeの動画にて!
後ろ側ローラー・ベースの装着方法見直しで更なる軽量化と加速性能アップ
完全無敵の独走態勢に入ったと思ったのですが、残念な事に2位に転落です
あぅっ、RE雨宮号の凄過ぎる進化に当面は太刀打ちできそうにありません
写真は  バトル動画  のシーンを再現した画像です
先巻き待機、イン側スタートの有利な条件でしたが
RE雨宮号がゴールした瞬間、まだあんな所にいます

改造ゼンマイが未改造にやられちゃった痛〜ぃ瞬間
MAD系ゼンマイのポテンシャルは相当に高いですね

Speed Engine Kai Ver.2 改造ゼンマイのRX-7/RZが雨宮号のシャーシを得て飛躍的に性能向上!
キング・マシーン雨宮号のシャーシ1式を改造ゼンマイのRX-7/RZに移設しました。移設前の予想を大きく上回る性能向上を果たし、RZで使っていたシャーシに変更した雨宮号に完全勝利しました。その性能向上ぶりは相当なもので、ゴール地点ではパワー感を殆ど感じさせない以前の惰性ゴールが力強い物に変化しました。これ迄、ゴールして以降はカーブ・コースを2本程度進むのが限界でしたが、4本以上進んで直線にも突入、ゴール以降はカーブの抵抗に加えて登り車線ですから飛躍的な性能向上を果たしたと思っています
今回のシャーシ変更による性能向上は以後の走り仕様を作成する上で大きなインパクトを与えられました。ゼンマイの性能を最大限に引き出す上でローラーのセッティングを含むシャーシ全体の仕上げは重要度が高いことを再認識しました。以前のRZのシャーシは安定を重視してリヤ・ローラーの前進装着をためらっていました。雨宮号へ移設した時もそのままで勝負、そして敗退しました。この負けた事で踏ん切りが付いて雨宮号に移設したシャーシもリヤ・ローラーを前進装着、最終的にゼンマイの性能差を主として雨宮号が王座を守り切りました

13.99gだった重量はシャーシの変更で14.05gに増加しましたが、走りの面ではその重量増を全く感じさせない鋭いものになりました。以前は総重量を随分と気にしていたのですが、最近は総体的なバランスを上手く取る事が最優先になっているので、総重量は参考程度にしています

今回のシャーシ変更は前々から気になっていた事を試行して出た結果ですが、RZの性能が向上する事は充分に想像できていました。気になっていたのは、その時にしっかりと安定を確保できるか?と言う事。フタを開けてみると、その心配は全く無用でした。フロント・ローラーの部品を上下で入れ替えた程度の変更、それも機能的な問題への対処ではなく単に配色をいじりたくて行っただけ

元々は改造スピードMADの性能確認から始まった作業の中で、トップの2台が両方共に更なる高い性能を得たと言う超ラッキーな進化。そしてRZもスピードMADで武装してトップに躍り出ました